「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨を売買の注文をして儲けを上げる商品です。トレードの値は常に変化しています。それがレートです。テレビを見ているとドルやユーロの為替レートの情報が流れる場合があります。よく見かけるのが、「マーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。それは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を示しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを提示しています。別の言い方をすると、取引には、買値と売値の2個の価格が存在している事を表しています。売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表している業者も存在しています。いつもは売値が安い価格に決定されています。現実に買値は高く、売値は安くなるのが普通です。この差をスプレッドといいFX取引会社の収入の一部になっています。スプレッドの狭さは業者によって変化します。スプレッドの広さは費用になるので、狭いFX業者をセレクトしたほうが有利になります。ただ、同じFX取引会社でも局面によってはスプレッド幅は拡大したり、縮小したりします。例としていつもはドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの差であるとしても、マーケットの上げ下げがかなり大きいケースでは大きくなる事があります。という訳で、スプレッドが低いのと共に変化が少ないのが肝心です。今では変化しないスプレッドの幅を表示するFX業者も多数あります。現実にFX取引会社の取引画面の中で本当のマーケットを確かめなければ評価できないので面倒ですが重要な事です。多くの資金を投入して取引をするのですから、本当のエントリーの前に興味があるFX取引会社の口座開設をして、スプレッドを点検しましょう。同じ外貨でも、その場面でのマーケットの状況によって通貨のスプレッドは変わることがあります。普通は、銀行間取引市場で取引量の多いペアではスプレッドが狭くそれ以外の通貨ではスプレッド幅が拡大する事がよくあります。

Copyright © 2002 www.thewanderingbears.com All Rights Reserved.